聖堂のご案内(主聖堂正面)

天蓋(てんがい)

tengai
天蓋
古いバシリカ形式の教会の要素をとりいれ、火を意味する金色と翼をひろげたような形は聖霊のシンボルです。

天蓋の後ろの4つの円は聖なる三位一体である「父」と「子」と「聖霊」と私たち(教会)の一致を表しています、

聖櫃(せいひつ)

seihitsu
聖櫃
聖櫃(せいひつ)は聖体を保管する鍵付きの容器です。デザインや材質は教会によってさまざまです。
当教会のものは日本人工芸家の作による鋳鉄製で七宝により装飾。 七宝の絵はキリストと聖体をあらわしています。

朗読台

roudokudai
朗読台
聖書の中心となる四福音書を記した福音書記者のシンボルである人(マタイ)、獅子(マルコ)、牛(ルカ)、鷲(ヨハネ)が描かれています。

祭壇

saidan
祭壇
仙台石製。正面には以下のラテン語が刻まれています。 PER IPSUM ET CUM IPSO ET IN IPSO (キリストによって、キリストとともに、キリストのうちに)

他のエリアへ

st.mary's icon
主聖堂側面
主聖堂背面(西側)1階部分
主聖堂背面(西側)2階部分
小聖堂