聖堂のご案内(主聖堂側面)

天の元后なる聖母のイコン

st.mary's icon
天の元后なる聖母のイコン

主聖堂側面に飾られている聖母マリアのイコンは、当教会の創立者、ヒルデブランド・ヤイゼル神父様がこの聖堂の完成にあたり相応しい聖母マリアの御絵を飾りたいと願い、ニューヨークのフォーダム大学内にあるロシア・センターと呼ばれるイエズス会が運営する施設より譲り受けたものとなります。

ヒルデブランド神父様はこの近代的な聖堂にどのような御絵が相応しいか大いに悩み、伝統的で歴史的なイコンから、現代の偉大な芸術家の現代的な作品まで幅広く検討し、教会の精神に適い、目黒教会の信徒たちの信仰の助けとなる作品を探し求めました。日本国内で見つけることはできず、アメリカでも方々を巡り、ロシア系やギリシャ系の教会、古美術の店など思い当たる場所はどこでも足を運んでみたものの、なかなか見つけることができませんでした。

ある日、御絵探しの協力を頼んでいた知人からフォーダム大学のロシア・センターを訪ねてみるよう連絡を受けたヒルデブランド神父様は、真夏の暑い日に彼に連れられてこのロシア・センターまで行きました。二人が暑さで半分死んだようになりながらロシア・センターのドアまで辿り着くと、入口にはロシア髭を生やした1人の神父様が立っていて扉を開けてくれました。ヒルデブランド神父様が東京から来たと伝えると、自分も永いこと日本に住んでいたと云われました。彼はフォン・ボック神父様という方で、ロシア皇帝最後のバチカン教皇庁駐在大使で、ロシア革命後、日本で大学教授をされていたのです。その後イエズス会の司祭となりロシア・カトリック典礼に加わっていました。ボック神父様に東京の教会の為に古いビザンティン様式の聖母の御絵を探していることを話すと直ちに「ここには売れるものはない」と断られてしまいました。仕方なく諦めて帰ろうとした際に、ヒルデブランド神父様を連れて来てくれた知人がロシア様式の聖堂を見たことがないので見せて欲しいと願い、聖堂を案内してもらうこととなりました。

その聖堂にはロシアの教会らしい、数多くのイコンが飾られていました。その中でも特に3つのイコンが美しく、ヒルデブランド神父様の目に留まりました。ボック神父様が「どれも売ることはできない。院長が不在だから私は何も決められない。」と云うと、ヒルデブランド神父様の知人が「それでは院長が戻って来てからまた訪ねます。」ともう一度訪問する約束をしたのです。ヒルデブランド神父様と知人は二人で院長と会うまでの三日間、主が必要なものを与えてくださるよう祈りました。

そして院長と会う約束をしていた金曜日、ロシア・センターより院長がまだ戻って来られないとの連絡が入り、翌日の土曜日に行くことになりました。「聖母マリアの土曜日」と重なったため、ヒルデブランド神父様は朝の内にミサをたて、聖母に「東京の真中のわたしたちの教会の為にお助けください」と心から祈りました。ミサの後ロシア・センターに向かい、約束通り院長と会って話をすることができました。院長はとても親しみやすい方で、古いビザンティンのイコンが見つけられるようできる限り協力しましょうと云ってくれました。そこで、ヒルデブランド神父様が自分が求めているイコンがどのようなものかを説明する為に、聖堂で見た3つのイコンを院長にお見せになると、院長は「この3つはどれもここにあるものの中で最も古く、価値のあるものです。」と驚きになりました。2つは贈り物で他所へ譲ることはできないとのことで、もう1つは何週間か前に買い取ってきたもので、3つの内で最も古いギリシャのイコンであるとのことでした。

ヒルデブランド神父様が「院長様、もし私がその代価を差し上げたら譲ってくださいますか?これが東京に置いて聖母マリアのシュライン(拝所)となるということをよく憶えておいてください。」と伝えると、院長は「これにそっくりのものを見つけよう。」と繰り返しました。すると、隣にいたボック神父様が「東京にこんなシュラインがあったらどんなに良いかと思います。」と院長に囁いたのです。そして院長は何度も考え直していました。ヒルデブランド神父様は「マリア様、さああなたにやって頂く時がきました。どうぞお願い致します。」と祈りました。

院長は「ここには本当に原型のイコンはほんの少ししかありません」と云いながら、それを壁から取り降ろし、ボック神父様と一緒に裏に書いてある説明を読もうとしました。説明は古い木にナイフで彫ってあり、簡単には判読できませんでした。そこでヒルデブランド神父様は「私と東京の信者たちが本当のシュラインをつくるのを助けてください。あなたがたの家が主の特別なお恵みを受けることができますように。」と伝えると、院長はヒルデブランド神父様の顔を見て、もう一度御絵に目を向け、少しためらってからヒルデブランド神父様に手渡しました。「さあ、東京へお持ちください。」

そこにいたほとんどのロシア人達、司祭や修道士達がこのイコンがよそにもらわれていくと聞きつけ見送りに集まってきました。深い尊敬を持って接吻し、一人の年老いた修道士は涙を浮かべながらも日本でこのイコンの為のシュラインができることを喜んでくれました。ヒルデブランド神父様は感謝と喜びのうちに御絵を抱えてロシア・センターを後にしました。

3週間後、シカゴで友人の集まりでヒルデブランド神父様がイコンを手に入れたいきさつを話したところ、一人の婦人が院長に差し上げる代金をご寄付くださり、こうして無事にロシア・センターがイコンを入手した際に支払った代価をお返しできました。

ヒルデブランド神父様は日本に戻るまでのアメリカ滞在期間中も帰国の途もずっとこの御絵を膝の上において大切に持ち帰りました。


1956年6月3日付の信徒全員に向けたお知らせの中でヒルデブランド神父様はこのいきさつを記し、最後にこう締めくくっています。


「もう決して他人には渡しません。これからは、貴方がたの物です。どうぞ、貴方がたも手離さないように。」

聖アンセルモ

祭壇右に飾られた聖アンセルモのご絵

当教会の守護聖人、聖アンセルモ司教教会博士(1033年 – 1109年4月21日)は、

カンタベリーの大司教であり、神学者、哲学者として神という存在を学術的に捉えようとした人物です。「スコラ学の父」とも呼ばれています。

神聖ローマ帝国治下のブルグント王国(アルル王国)の都市アオスタ(現在のフランスとスイス国境に近いイタリアのヴァッレ・ダオスタ州)の貴族の家に生まれたアンセルムスは父に政治家となることを期待されたが、母の敬虔な信仰に大きな影響を受け修道院に入ることを希望した。父から了承を得られることはできず、失望から心因性の病を患った。病気から回復するも母が亡くなり、父との確執がますます深まり、1056年(1057年?)に家を出る。ブルグントとフランスを歩いてまわり、その途中、ノルマンディーにあるル・ベック修道院の副院長ランフランクスの高名を聞きつけ、同修道院に向かう。そこに1年間滞在し、そこで修道士として生きることを決意する。

3年後にはアンセルムスはル・ベック修道院の副院長に選出され、その後15年間その任務を務め、1078年には修道院長となる。この頃、最初の護教論文『モノロギオン』(1076年)と『プロスロギオン』(1077-78年)や、問答作品『真理について』、『選択の自由について』、そして『悪魔の堕落について』といった著作が書かれた。

アンセルムスはル・ベック修道院の副院長でありその後大司教となっていたランフランクスを継ぐ形でカンタベリー大司教となるが、当時はまさに聖職者叙任権闘争の最中であったため、当時のイングランド国王ウィリアム2世は、司教座の土地と財産を押さえ大司教を指名しなかった。ウィリアム2世は病に倒れ、いよいよ死が迫っていることを悟り、大司教を任命しなかった罪の許しを願い、アンセルムスをカンタベリー大司教の座に指名し、アンセルムスは1093年12月4日に司教叙階を受けた。

ウィリアム2世は病から回復し、アンセルムスの大司教座の見返りに多大な財産の贈呈を要求した。これを聖職売買と見たアンセルムスはきっぱりと断り、これに怒った国王は復讐に出る。教会の決まりとして、カンタベリー大司教などの首都大司教として聖別されるには、パリウムを直接、教皇の手から授与されなくてはならない。したがって、アンセルムスはパリウムを受け取りにローマへ行くことを主張したが、これは実質的に王室が教皇ウルバヌス2世の権威を認めることとなるため、ウィリアム2世はローマ行きを許さなかった。

イングランド教会の首都大司教の叙任問題は、その後2年にわたって続いた。1095年、国王はひそかにローマへ使いを出し、教皇ウルバヌス2世を認める旨を伝え、パリウムを持った教皇特使を送ってくれるよう教皇に頼んだ。そして、ウィリアム2世は自らパリウムを授与しようとしたが、聖職者叙任という教会内の事柄に俗界の王権が入り込むことを強硬に拒んだアンセルムスは、国王から受け取ることはなかった。

1097年10月、アンセルムスは国王の許可を得ずにローマへ赴いた。怒ったウィリアム2世はアンセルムスの帰還を許さず、直ちに大司教管区の財産を押さえ、以降彼の死まで保ち続けた。ローマでのアンセルムスはウルバヌス2世に名誉をもって迎えられ、翌年のバーリにおける大会議にて、正教会の代表者らの主張に対抗して、カトリック教会のニカイア・コンスタンティノポリス信条で確認された聖霊発出の教義を守る役に指名された(大シスマは1054年の出来事である。また、聖霊問題に関してはフィリオクェ問題を参照)。また、同会議は教会の聖職者叙任権を再確認したが、ウルバヌス2世はイングランド王室と真っ向から対決することを好まず、イングランドの叙任権闘争は決着を見ずに終わった。ローマを発ち、カプア近郊の小村で時を過ごしたアンセルムスは、そこで受肉に関する論文『神はなぜ人間になられたか』を書き上げ、また、翌1099年のラテラノ宮殿での会議に出席した。

1100年、ウィリアム2世は狩猟中に不明の死を遂げた。王位を兄のロバートが不在の間に継承したヘンリー1世は、教会の承認を得たいがために、ただちにアンセルムスを呼び戻した。しかし、先代王と同じく叙任権を要求したヘンリー1世とアンセルムスは、再び仲たがいをすることとなる。国王は教皇に何度かこれを認めようと仕向けたものの、当時の教皇パスカリス2世が認めることはなかった。この間、1103年4月から1106年8月まで、アンセルムスは追放の身にあった。そしてついに1107年、ウェストミンスター教会会議にて、国王が叙任権の放棄を約束し、和解がもたらされた。このウェストミンスター合意は、後の聖職者叙任権闘争に幕を下ろす1122年のヴォルムス協約のモデルとなる。こうして、アンセルムスは長きにわたった叙任権闘争から解放されたのである。

彼の最後の2年間は大司教の職務に費やされた。カンタベリー大司教アンセルムスは1109年4月21日に死亡した。彼は1494年に教皇アレクサンデル6世によって列聖され、また1720年には学識に優れた聖人に贈られる教会博士の称号を得た。

神はそれ以上大きなものがないような存在である。
一般に、何かが人間の理解の内にあるだけではなく、実際に(現実に)存在する方が、より大きいと言える。
もしもそのような存在が人間の理解の内にあるだけで、実際に存在しないのであれば、それは「それ以上大きなものがない」という定義に反する。
そこで、神は人間の理解の内にあるだけではなく、実際に存在する。
この証明は、後にイマヌエル・カントによって存在論的な神の存在証明と呼ばれ、ルネ・デカルトなど中世以降の哲学者にも大きな影響を与えたと言われる(歴史上、神学者や哲学者によって、神の存在証明は多くの側面から検討された。)

十字架の道行き

十字架の道行き
カトリック教会の聖堂には通常、キリストの死刑の宣告から十字架上の死までを14の留 (場面)に分けて一つひとつをたどりながら黙想し、祈るための「十字架の道行き」と呼ばれる絵画などが飾られています。当教会のものはアントニン・レーモンドの夫人、ノエミ・レーモンド作で、手の表情でキリストの受難までの道筋を表わしています。(イエス・キリストの「手」がわたしたちの「手本」、「手引き」となる。)

十字架の道行きの歴史と由来

死刑の宣告を受けたイエスが十字架の上で亡くなられ墓に葬られるまでの道程で、キリスト教西方教会の大変愛されている数少ない「信心業」です。ご生涯の最後の歩みは「救いのご計画」の完全な実現への一歩として、言語に絶する厳しい苦難の道でした。
エルサレムの教会は、すでに2世紀頃からキリストの墓が発掘されたあたりを「聖なる場所」として注目し中世期後半にアシジのフランシスコたちは主の十字架にたいする思いを共有したいと願っていました。
1233年からは「聖なる場所」にフランシスコ小さな兄弟会のメンバーが、キリストの受難に対する信心を広める使命を感じ常駐し、13世紀終わり頃には「十字架の道行き」と呼ばれ幾つかの標識が立てられていました。
エルサレムに遠征した「十字軍」は聖地のさまざまな場所を描いた絵を持ち帰り教会堂に飾り、これによってキリストの受難にたいする信心が広まってゆきした。遠いエルサレムに行くことのかなわない信徒たちは、絵の前で祈ることで巡礼の代わりとし、このような信心は「小さなエルサレムの信心」と呼ばれました。
18世紀には「十字架の道行きの説教師」と呼ばれるレオナルドが20年の歳月をかけ572箇所に「道行き」を設置したと伝えられています。「留」の数はさまざまでしたが、1731年に教皇クレメンス12世により14留に定められました。最近はイエスの復活を表す15留を加えることが勧められています。
「留」はラテン語のstatio(立つ場所)を語源とします。

各留の説明

※以下、カッコ内はヒルデブランド神父様の言葉です。
第1留
イエス、死刑を宣告される

第2留
イエス、十字架をになう(イエスの手、聖父のみ旨にまかせ十字架を受け取る手)

第3留
イエス、初めて倒れる

第4留
イエス、母マリアに出会う(聖母の美しい手、泣いている手)

第5留
イエス、クレネのシモンの助けを受ける(大きなひらいた手、人にあげる手、信者の手)

第6留
イエス、ベロニカより布を受け取る

第7留
イエス、再び倒れる

第8留
イエス、エルサレムの婦人を慰める(エルサレムの女たち、祈りの手だけ、顔を見せず)

第9留
イエス、三度倒れる(十字架を受けたもう手)

第10留
イエス、衣をはがされる(衣をわける手、人のものを取る手、同情を知らない手、わがままな手)

第11留
イエス、十字架につけられる(釘つけられる手、聖父よわが手を受け取りたまえ)

第12留
イエス、十字架上で息を引き取る(いけにえの手、聖父よわが魂を御手にゆだねます)

第13留
イエス、十字架から降ろされる(ヨゼフの手、聖母の手、私の手)

第14留
イエス、墓に葬られる(永遠の手、侵攻の手)


他のエリアへ

主聖堂正面
主聖堂背面(西側)1階部分
主聖堂背面(西側)2階部分
小聖堂